1. トップページ
  2. 眠りの雑学!眠りに関する面白い話
  3. 目覚まし時計について
  4. 光目覚まし時計って知ってる?暗い部屋でも朝日を再現、すっきり目覚められる!?

光目覚まし時計って知ってる?暗い部屋でも朝日を再現、すっきり目覚められる!?

朝、目を覚ましたと同時に明るい朝日を感じたときのことを想像してみてください。人間はそれだけで普段よりもすっきりと目覚めることができます。

朝すっきり起きることができないという人には、この朝日の力が不足している場合が多いです。


「光目覚まし時計」とは従来の目覚まし時計に朝日にライトを点灯させる機能を加えたもので、朝日を浴びて起きる感覚を疑似的に感じさせてくれる目覚まし時計のことです。

朝起きるのが苦手という方に非常に効果があると、今注目されている目覚まし時計なのです。

朝日を浴びることで人はすっきり目覚める

朝目覚める女性
人間は朝日を浴びることで自然と目が覚める生き物です。

太陽光によって体内時計を調節しているため、暗いところで生活をしていたり、夜型の生活をしていると生活リズムと共に体内時計も狂ってきてしまいます。

そして目覚まし時計の音や振動で目覚めることも自律神経に刺激を与えます。それによって身体に負担が強いられ、結果的に日中疲れやすい身体になってしまいます。いわゆる強制覚醒という状態です。

ですが朝日を浴びることさえできれば身体は自己覚醒し、活動できるモードへとすっきり切り替えることができます。

人間の体内時計は25時間!?


実は私たち人間の体内時計は25時間だといわれています。そのため普通に生活していくと1時間ずつ体内時計が狂っていくということです。

ですが朝太陽の光を浴びることによって、体内時計をリセットさせる機能が人間の身体には組み込まれていて、これによって体内時計のズレを修正しているのです。

太陽を浴びずに生活していくいると毎日1時間ずつ体内時計がズレていき、自律神経が乱れて慢性的な体調不良の原因になってしまいます。

朝日はセロトニンを分泌させる

朝日とともに起きるように組み込まれている

朝日を浴びることで人間の身体は「セロトニン」というホルモンはたくさん分泌します。これは脳の覚醒を促すホルモンで、セロトニンが多く分泌されていないと人間は心地よく朝起きることができません。

逆に夜眠くなると同時に多く分泌されていくのが「メラトニン」と呼ばれる睡眠ホルモンです。朝日を浴びない暗い部屋などで眠っているとこのホルモンの分泌が止まないため、朝起きづらい体質になってしまうのです。

光目覚まし時計ができること

光目覚まし時計は朝日と同じような光を放つことで、セロトニンの分泌を促しより自然な目覚めへと導きます。

実際には現代のマンション事情やなんやらで、朝日を浴びる環境が整っていない人も多いと思いますので、そうした方たちの目覚めのサポートとしてはとても最適なのです。

朝日と同じ明るさ「ルクス」

明るさを表す基準には主に「lux:ルクス」という単位が使用されます。

日中晴れた日の太陽の明るさがおよそ「100,000ルクス」で、朝日の明るさはおよそ「10,000ルクス~」と言われています。

ルクスの目安
(参照元:大阪市立科学館

光目覚まし時計はこの朝日のルクスに近い明かりを再現することができます。蛍光灯下の明かりが300ルクス程度ということを考えると、かなり強い光ということがわかります。

朝日が差してこないような暗い部屋で眠っている方にも、朝日と同じような状況を作り出すことができるのです。

朝が弱い人でもすっきり目覚められるように

朝起きるのが得意という人は、すでに生活習慣に乱れが少なく、朝日を浴びるなどの環境が整えられていることがほとんどです。

しかし朝起きるのが苦手という人は、そもそも環境づくりができていないことが多いため、生活習慣はもちろんのこと、環境改善にも手を加えていく必要があります。

朝日を浴びることができていないという方は、光目覚まし時計を使用することによって朝日を浴びた時に似た効果を得ることができます。

もちろん睡眠はただ一つ改善しただけで解決するような簡単なものではありませんが、光目覚ましを使用することで確実に朝起きやすい体質に、もっと言うと「自律神経への負担を減らし自己覚醒がしやすい身体」にしていくことができます。

最先端の光目覚まし時計「inti(インティ)」を使ってみて

光目覚まし時計「inti」

ここからは今最先端だと呼ばれる「inti(インティ)」という光目覚まし時計をレビューしていきたいと思います。

光目覚ましinti(インティ)公式サイト

光目覚まし時計はまだまだ使用している人は少ないですが、各社から様々なモデルが登場しています。intiはその中でも一番高性能のモデルとされ、評判の良い光目覚まし時計の一つです。

強力な最大20,000ルクスの光

intiが高性能と言われる所以はとにかく明るいライトが搭載されているということです。

朝日の明るさを示す10,000ルクスよりもさらに明るい「20,000ルクス」という明るさを放つ高照度LEDライトが小さなボディに搭載されています。

これでは眩しすぎるんじゃないか?と思う方もいらっしゃると思いますが、いきなり20,000ルクスの明かりが点灯するわけではありません。

設定した時間の30分前から徐々に明るくなっていき、時間になったときに最大の明るさになるように設定されています。そのためより朝日に近い形で自然な明るさを表現することができます。

20,000ルクスの明るさの光
(写真はintiを実際に使用したところ。20,000ルクスの光はとても明るい)

明るさの足りない光目覚まし時計もたくさんある

今ある光目覚まし時計の中には、朝日を再現するには明るさが足りない機種も多く見受けられます。明るい機種を選ばなければ、光目覚ましの効果を得ることができませんので注意してください。

20,000ルクスという明るさは他社製品と比較しても最大ですが、中には2,000ルクスなど朝日の明るさを到底再現できないような光目覚まし時計もあります。

これではせっかく光目覚まし時計を使用するといっても、自己覚醒を促すレベルまではなかなか難しいです。

静かな音でも自然と目が覚めるようになる

光目覚まし時計のアラーム音はけたたましいものではなく、スマホの静かめなアラーム音のような音です。

intiの場合はアラーム設定時刻の30分前から徐々に明るくなっていき、慣れてくるとこの間に自然と目が覚めることも多くなってきます。

目が覚めるまではいかなくとも、この時点で身体に起きる準備が整ってくるため、アラームが鳴った時にはすっきりとまどろむことなく目覚めることができるのです。

朝日を浴びる習慣がない人におすすめ


光目覚まし時計をおすすめできるのが、今現在「朝日を浴びて起きるという生活に無縁の方」です。

すでに朝日が強烈差し込んでくるような部屋で寝ているという方は、光目覚まし時計を設置してもさほど効果が感じられないと思います。

数字上のルクスでは朝日より明るいという体ですが、太陽光に近いとはいえこれはLEDの明かりですので、明るい部屋ではそれほど明るさを感じることができません。

ですが現代人にも多い以下のような環境で寝ている方。

  • そもそも朝日なんてほとんど差し込んでこない部屋で寝ている
  • 真っ暗じゃないと眠れないので遮光性の高いカーテンを閉めて寝ている

こういった方は光目覚まし時計を設置することで、より自然に目覚めることができる環境を整えることができます。

現代人は太陽を浴びる時間がどんどん減っていっているとも言われていますので、光目覚まし時計などには今後一層注目が集まっていくと思いますよ。

関連している記事

人気の記事